COMPANY 会社概要

MESSAGE FROM PRESIDENT ご挨拶

弊社が創業した2002年は、高速インターネットが全国に普及し始めた頃でした。
世界のパソコンがネットワークでつながり、高速に膨大なデータをやり取りする時代の幕開けとなりました。現在は10億台以上とも言われる世界中のスマートフォンから家電製品まで、あらゆるモノがインターネットにつながり、そこに人工知能(AI)までが加わり、飛躍的な発展を遂げようとしています。弊社はコンピュータ上で製図を行うCAD事業からスタートしました。行政向けの地図データの制作を始め、次に産業のデジタル化の波に乗って機械の3次元モデリング制作へと移行していきました。その実績から生産機械のソフトウェア開発を手掛けまして、それから15年間は機械分野での開発を中心に実績を培ってきました。細かく言うと機械と機械をつなげること(MtoM)を得意としておりますが、その技術でお客様の現場でお役に立てることを使命としてきました。近頃はIoTの時代と言われ、モノとモノをインターネットでつないで活用することが盛んになってきております。このIoT化の流れは、私たちの生活になくてはならないほど社会全体に普及していくことでしょう。今後、弊社では今まで培ってきたMtoMの実績を基盤にIoTの分野に取り組んで行きます。モノとモノをつなげると申しましたが、これからはお客様の発展のために現在と未来をつなぐ架け橋となることが弊社の使命と考えます。一人ひとりのお客様と共に発展し、さらには社会の発展につながることを目指して、これからもがんばってまいります。
今後とも、より一層のご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。

株式会社 北陸コンピュータグラフィックス

代表取締役野村 和輝

PHILOSOPHY 経営理念

01

ソフト開発を通じて社会が
便利で豊かになるために
貢献をすること

02

優秀な技術と柔軟な頭脳を持つ
若者の能力を発掘、
活用して経済の活性化に
寄与すること

03

時代の先端を行く
ソフト開発技術を持つ企業として
新しい産業の魁となること

HISTORY 沿革

2002年09月

有限会社 北陸コンピュータグラフィックス創業(資本金300万円)

2002年10月

自宅にてソフトウェア作成の受託を行う

2003年06月

事務所を富山県砺波市太郎丸に開設

2004年02月

正社員1名を採用

2004年03月

株式会社 北陸コンピュータグラフィックスに社名変更

2004年03月

CAD事業を起ち上げ、CAD教室を開設

2004年04月

3次元CADモデリングデータ制作受託

2004年05月

厚生労働省へ特定派遣事業者の届け出を提出、人材派遣事業を開始

2004年06月

富山県産業高度化センター(高岡オフィスパーク)に移転

2005年05月

社屋購入により富山県砺波市鹿島に移転(資本金を1,500万円に増資)

2006年12月

精密機械メーカーから制御系ソフトウェア開発を受託したことを機に、
工場内オートメーション化のソフト開発が事業の中核となる

2015年08月

得意分野のソフト開発に対応するため、受託ソフト開発の専門部署を設ける

2016年08月

社内開発の生産性向上に向けて『働き方改革』の方針を立てる

2017年10月

日本ニアショア開発推進機構から「認定ニアショアベンダー」に認定登録

2017年11月

厚生労働省より一般派遣事業者としての資格を取得

2018年03月

時短勤務やテレワークの導入など、社員のライフワークバランスに考慮し、
多様な働き方を選べるよう社内制度の見直しを開始

2018年05月

当社の『働き方改革』への取り組みが、”広報となみ 2018年5月号” に取り上げられる

COMPANY 会社概要

社名

株式会社 北陸コンピュータグラフィックス

設立

2002年9月18日

資本金

15,000,000 円

役員

代表取締役社長 野村 和輝

社員数

19名(平成30年10月1日現在)

事業内容

  • ・ソフトウェア開発
    (業務・営業支援系、WEB系、組込・制御系)
  • ・アウトソーシングサービス
    (FPD修正機制御ソフト開発・運用・保守等、画像処理等)
  • ・自社製パッケージソフトの開発
  • ・各種システム
    (生産管理、資料管理、医療管理)
  • ・行政業務支援システム
    (公共物管理等)

取得認定等

一般及び特定労働者派遣業務

  • ・特定労働者派遣事業
    受理番号 特 16-300149
  • ・一般労働者派遣事業
    受理番号 派 16-300130

取得資格

  • ・応用情報処理技術者
    【 第一種情報処理 】
  • ・基本情報処理技術者
    【 第二種情報処理 】

取引銀行

  • ・北國銀行 砺波支店
  • ・北陸銀行 砺波支店
  • ・高岡信用金庫 砺波支店

加盟団体

  • ・一般社団法人 富山県経営者協会
  • ・一般社団法人 富山県情報産業協会
  • ・砺波ロータリークラブ

顧問弁護士

本田総合法律事務所
本田 隆慎 弁護士

ACCESS アクセス

情報セキュリティ基本方針

当社は、ソフト開発を通じて社会が便利で豊かになるために貢献をすること、優秀な技術と柔軟な頭脳を持つ若者の能力を発掘、活用して経済の活性化に寄与すること、時代の先端を行くソフト開発技術を持つ企業として新しい産業の魁となることを目指し、ソフトウェア開発(業務・営業支援系、WEB系、組込/制御系)を主な事業としてサービス提供しております。その中で取り扱う情報資産を厳格に保護することは、お客様に対する責任であることはもとより、社会に対する使命でもあると考えます。ここに、以下に掲げる情報セキュリティ基本方針を定め、全社一丸となって推進します。

  • 当社が提供するすべての製品及びサービスを対象に、関連する情報資産を適切に保護するため、
    情報セキュリティ管理体制を整備し、適切な情報セキュリティ管理を実施します。
  • 関連する国内国外の法令その他の規範及びお客様との契約を順守します。
  • 全従業員に対し、情報セキュリティの重要性を認識させ、情報資産が適正に利用されるよう、教育・訓練を実施します。
  • 社会的変化、技術的変化、法令等の変更などに伴い、情報セキュリティに関する内部規程や各種対策を継続的に見直し、改善を図ります。

以上。
制定:2018年2月1日
代表取締役 野村和輝